1月7日は七草粥!

七草の中で一番身近な食材、大根と蕪のパワーをご紹介

遅ればせながら・・・
明けましておめでとうございます(^^)/
本年も引き続きよろしくお願い申し上げます。

本日1月7日は、七草粥をいただく日ですね✨

年末年始で、働きに働いた胃腸を休めてあげたい!
この時にお粥はおススメのお食事法です。

その粥に、七草が加わると…

【かぶ(すずな)】
胃やお腹の調子を整えてくれるだけでなく、むくみにも良いと考えられています。

また、帰経に「心」が含まれているので、ココロゆったりリラックス期待可✨
葉にたくさんの栄養があるので、葉は率先して召し上がってくださいね!

【大根(すずしろ)】
消化不良や胃腸系が調子が悪いときに食させれることが多いと思います。

大根は、薬膳の考えにおいても暴飲暴食、または消化機能低下によって、お腹がパンパンになってしまったときに食べると良いといわれています。
また、帰経で「肺」が含まれており、声が枯れたり、咳が止まらず、痰が多いときなどは大根です!
かぶ同様、葉も一緒にお召しあがりください。

 

七草それぞれに由縁があり、縁起を担ぐ意味が含まれてますが、食べ過ぎなどで胃の調子を崩してしまったら
かぶと大根ですっきりしましょう(^^)/

また、消化器系(脾胃)の調子を崩してしまうと、中医学では、「思い込み・憂い過ぎる」こととなる、と考えられています。

悩んだり、なにかと心配・不安になりやすい…そんな感情が最近多いかもと思われる方、
お粥を毎日の食事に取り入れて、胃腸の調子を整えてあげましょう。

 

【元気のもとは、まずはお腹から】

2016年も皆さまの健やかなる日々を祈って✨お元気にお過ごしくださいませ♪

Cocoro薬膳 野本

<< Blog一覧へ戻る